木の家の暮らしを訪ねて ~ 糸と糸が紡ぐ、倉賀野の家 ~

2019年10月5日

新米の時期となりましたね。もうすぐ届く新潟のお米を楽しみにしている小暮です。

さて、久しぶりに倉賀野のS様邸へお邪魔させて頂きました。奥様がお待ちになっていてくださり、美味しいコーヒーとお菓子のおもてなしを受けながら、趣味の刺繍の作品を拝見させて頂きました。とても恥ずかしそうに、「私ので、いいんですか?」と作品を持って来てくれた奥様。いいんです!!せっかくなので、ちょこっとご紹介♪

たくさんの糸を使うそうです。

実演をして頂きました。

かごバッグにさりげなく。

叔母様から頂いた作品。

只今制作中の、「ハーダンガー刺繍」

※布の織り糸を切り抜いて透かし模様を作る方法

刺繍を始めると、6時間経っていることもあるそうです(((゚д゚;ノ)ノ!! それだけ集中できるなんて、本当に好きな事なんですね。羨ましいです~(∩˃o˂∩)♡

お部屋の様子も少し。

キッチンのウォールシェルフ

奥様より、2年が経った暮らしの様子を伺いました。

・キッチンには吊戸棚ではなく「ウォールシェルフ」を設置して良かったです。小柄な私でもすっと手が届く位置に設置してもらえて助かりました。物も隠せて、飾りも出来るので便利です。

・キッチンの床をタイルにしたのも良かったです。汚れも目立ちませんし、掃除が楽ですね~。意外と足も疲れないです。

・子供の友達もそうですが、友人が遊びに来るとホッとするみたいで、長居していきます。

・ロフトに、本を納めるのにローテーブルがあると良かったです。

・階段の窓は、磨りガラスにした方が良かったです。

玄関の丸窓に映る紅葉。

“木の家時間”を、時には一人で…時には家族で、楽しく過ごしている様子に嬉しく思いました。また、今回撮らせて頂いた写真を、リニューアルするHPに掲載させて頂きますね!その時を楽しみにしていてください。

たくさんのおもてなしとご協力に感謝いたします。ありがとうございました( ´◡` )۶お土産もご馳走様でした!奥様と共有出来た時間はとても楽しかったです!また、お邪魔いたしますね♫

お問い合わせ
このページの先頭へ戻る