築80年の古民家をリセット ~断熱工事の続き K様邸~

2019年2月8日

今日は事始め。「事八日」と言って、旧暦の二月八日と十二月八日を対として行事が行われていたそうです。アッという間に1月が過ぎて行ってしまいました( 。-ω-)-ω-)-ω-) シーン・・・もう一度ここで、今年の目標を見直す良い機会にしようと思います。

さて、K様邸では断熱の吹き付け工事が終わりました。吹き付けるだけなので簡単な作業かと思いきや、意外に、技術も求められるようです。また、吹き付け断熱材のメリットは断熱性能が高い・気密性が高い・省エネにつながる、等があります。デメリットは割高なこと・施工者の技術力によっては差が出てしまうこと、等があるようです。
現場では3人の方が工事に入り、施工後、厚みやひび割れのCHECKも入念に行われておりました。

そして、こちらは薪ストーブの煙突です。まだ中の工事がありすので、本体は入りませんが、古民家こそ薪ストーブが似合うような気がします。リセット住宅は新しい物とのコラボが楽しいですね♬

お問い合わせ
このページの先頭へ戻る