無垢に包まれる薪ストーブの暮らし ~左官作業と大工さん S様邸~

2019年2月21日

今日の現場は美里のS様邸からです。
といいましても、キャメラマンの和田ちゃんから届いた画像です。いつもありがとうございます♪(・ω・)ノ さて、左官屋のヨッちゃんこと坂田さん。犬走のコンクリートを綺麗に平らに仕上げています。希少な左官工の作業をこうして見られるのは、特別なことではないでしょうか。

中では大工さんが1Fの無垢の床板を張る作業を行っています。四隅までキッチリとはめ込んでいきますので、もちろん隙間はできません。大工の川部君、作業が早いのであたりまえの様に見てしまいますが、“隙間なく”ってやっぱり職人でないと難しいです。私がやったら何日もかかって、何だかわからない隙間がたくさん出来そうです(;ω;*)ムリムリ

大工さんお手製のニッチ

このニッチ、いいな~♪我が家にも欲しいなぁ~(´ω`*)

桜模様の帯材

ロフトの桜模様の帯材:拡大

ロフトの桜模様の帯材

桜の模様が、一年中みられる無垢の帯材。今年の児玉の千本桜は、いつ頃の開花となるのか。S様邸の完成の方が早そうです♪

お問い合わせ
このページの先頭へ戻る