リフォームで“無垢の家時間”を過ごす ~解体前と後~

2019年4月23日

美里町の築60年の家のリフォームが始まりました。トタンで覆われた壁の中は土。壁の骨組みには竹が使われいます。また、土壁の一部が黒くなっていました。お母様に聞いてみると、「この部屋は北側が台所で“釜土”があったんですよ。お風呂も焚いてたんですよ。」と言っており、黒い訳が分かりました。(-∀-;)ナルホド。

今回は一部のリフォームを行います。中に断熱材が入っていましたが、隙間が空いてしまっていて、機能はしていない様子。これから行われる改修ではもちろん断熱も強化されますので、ご安心ください。

因みに屋根も張り替えというか、取っ払ってしまいますよ~!部屋の一部を断熱材で囲ってあげるリフォームで、夏や冬の快適さはかなり違ってきます。今年度は国からの補助金もありますので、ぜひ、有効に使ってください♪

断熱改修の補助金についてはコチラへ →断熱改修補助金

 

お問い合わせ
このページの先頭へ戻る