わくわくする家族の木の家 ~建て方始め! 児玉のK様邸~

2019年11月7日

 

冬の始まり「立冬」となりましたが、まだまだ紅葉も見えず、先日登って来た妙義山のもみじも緑色をしていました。今年も秋は短し…かもしれませんね。

さて、児玉のK様邸では建て方が始まっていました。

—– 1日目 —–

新潟から運ばれてきた構造材と大工さんが作ったパネルを、和田ちゃんが現場へ運んでいます。

足場を組んでいます。

土台となるヒバを運びます。

木槌で打ち込みます。

午後になると、急に日が沈むのが早くなってきました(-ω- )。すぐ上の写真はPM4時頃の写真ですが、大分、日が傾いてきましたので、今日はここまででしょうか。

—– 2日目 —–

今日も☀!建て方の現場は、暑いせいか温かい飲み物よりも、冷たいお茶が進んでいます( ^ω^)_U 一杯どうぞ♪

1Fの柱。全て手作業で運んでいきます。

柱と柱の間に、パネルを挟んでいきます。パネル工法というもので、在来工法の筋交いの3.3倍の強度を発揮します。何とその手作業を、この日は棟梁と馬迫君の二人でやっていたとか。ほかの大工さんは、祭りに駆り出され、スタッフは構造見学会。本当にご苦労様でした(-ω-`)ヘヘ(・ω・´)。o○(オツでス!)

—– 3日目 —–

今日からクレーンで2F部分を作っていきます。

働く男子の背中は、格好いいっす(ノ*’ω’*)ノ☆

まぶしいほど~青い空の真下で~♪

一服中の棟梁の背中もイイネ!!

和田ちゃんの背中♪

福ちゃんの背中♬

下では、棟梁と馬迫君が配置図を確認しながら、指示通りにクレーンにくくり付けています。棟梁曰く、「下の作業が一番大変なんだい。」確かに、配置図を片手にやっている馬迫君が一番大変ですよね~d(・ω・*)ネッ

1Fの様子を少し。家の中も大分形が見えて来ました~。

明日は、屋根まで上げて建て方の仕上げです。あと一日、fight!!

 

 

 

 

お問い合わせ
このページの先頭へ戻る