2019 吉田建設研修旅行 in 静岡♬

2019年5月14日

今年も、吉田建設では大工さんや瓦屋さん鉄骨屋さん等々、協力会社の皆さんと、そしてオーナーズの皆さんと共に研修旅行へ行って来ました!小暮も二女(4才)を連れての参加。二人だけのお出掛けは初めての経験だったので、ちょっとワクワクしていました♪

AM7:30に会社を出発。参加者の皆様、当日まで体調を崩すことなく全員がバスへ乗り込むことができました。社長とそして協力会会長の棟梁の挨拶でスタート!最初に向かうは「江戸東京たてもの園」です♬

 

前川国男邸にて

1942年(昭和17年)に建てられた物だそうですが、古さを感じなかったことと、とてもシンプルな間取りで、既にこの時代に勾配天井の開放的な家があったのだと感じました。また、こんな家に住んでみたいな~と思いました。ウチのマリちゃん、昔のダイヤル式電話に興味深々!ダイヤルを押してました…(・ω・`;A)

 

常盤台写真場 (建築年代:1937年)

 

コチラでは、瓦屋さんと一緒に記念撮影。当時は今みたいな照明技術がなかったので、2Fの北側に大きな窓を設置したそうです。カメラを向けると、ポージングしてました~(^ω^)

 

綱島家(農家) (建築年代:江戸時代中期)

江戸時代の農家さんの家。柱も梁も太く、玄関を入るとその木組みの様子に、はっとします( ゚ ω ゚ ) ! !また、土間の広さにもビックリ!ですが農家さんですから、作業効率を考えてこういった間取りになっているのかな?と思いました。

結局、西側ゾーンしか回れませんでしたが、洋館や商店、銭湯もあるそうなので、また機会があれば来たいなぁと思いました。周辺も緑豊かな公園になっているので、新緑の緑と心地よい風が本当に気持ち良かったです。

~深大寺そば Lunch Time~

調布にある深大寺。昔、三鷹や吉祥寺、武蔵堺によく遊びに来ていたのに…。全く知りませんでした。瓦屋さんは、東京に来たついでに来られるそうで、美味しいお蕎麦屋さんもご存知のようです。植物公園とも隣接しており、バラの良い時期だとか。お散歩とお蕎麦とお饅頭と…♬楽しい時間を満喫できますよ~

お腹もいっぱいになりますと、バスの中はお休みタイム。静岡県の伊藤へ向かいました。ホテルでは広々とした温泉にゆっくりと入った後は、ご宴会です♪

和田さんの(飲めない)乾杯からはじまりました。年代が色々であることの醍醐味は、カラオケでわかる!その時の時代の歌が聞けますもんね(◍ ´꒳` ◍)b

飲んで歌って、子供が寝た後は・・・。何と卓球大会が始まったそうです♬皆さん本当にお元気です!

 

— 2日目 —

朝風呂に入ってから、ゆっくりと朝食を取りホテルを後にしました。今日もお天気は良いみたいです♪一行は沼津へ向けて伊豆の山道を参ります。

 

沼津御用邸記念公園

1893年に大正天皇(当時は皇太子)の御静養のために本邸1,200平方メートル(370坪余り)の木造平屋建ての和風建築が竣工されたそうです。その佇まいは、豪華絢爛とは遠く、とてもシンプルですが、細かいところに拘りがあるのだと感じ、日本の職人の奥ゆかしさを感じました。また、このあたりは気候が温暖なうえ、前面には駿河湾、背後には富士山という風光明美な土地柄。そこでは、かつての皇太子も家族と共に静かな時間を重ねていたそうです。

喫茶「主馬(しゅめ)」にて

地ビールでしょ!

いやいや、甘味処で!!

 

午前中のおやつタイムの後は、沼津港でランチです!「丸天」さんと言えば、タワーのようなかき揚げですが、それよりも豪華な懐石ランチを頂きました(>∀<人)

伊豆と言えば金目ですよね~♪♪

この二日間、本当にお疲れ様でした!普段は見られない職人さん達の、“ちょっと楽しいところ”が見られる研修旅行。現場での撮影時も仲良くしてくださいね( ^ω^)二女のマリも大ハシャギで、チコちゃんの様に大人をからかっている姿に、我が子とは思えない何かを発見致しました(・∀・i)タラー・・・お騒がせ致しました!

また、予定よりも早めに到着することが出来、無事に送り届けて頂いた運転手さんにも感謝ですね!ありがとうございました(^ ^)!

今年行かれなかった、協力会社の皆様、オーナーズの皆様。来年はぜひご一緒出来たら、きっと楽しい旅になると思いますよ!これからも、宜しくお願い致します!!

 

 

 

 

お問い合わせ
このページの先頭へ戻る