天然木テーブル工房「ダイツリー」

2020年1月20日

今年も花粉の時期がやってきたみたいです。小暮の長男もスギとヒノキのアレルギーが酷く、既に「クシュンッ!クシュンッ!」と始まりました。スギ花粉のピークは2月~4月。関東の飛散量は例年の40%~70%という話ですが(梅雨が長く、夏も過ごしやすかったせいですかね?)対策は、万全にしておきたいですね。

さて先日、皆野にある天然木工房のダイツリーさんの所へ会長と由美子さんと、お邪魔してきました。社長の門平さんはとても落ち着いた方で、私たちの質問にも丁寧に答えて下さいました。

天然木の工房って、見ていて飽きないんですよね~( ´◡` )ツルツルのスベスベで、つい、触りたくなってしまいます♪一枚板のテーブルは何とも魅力的♥そして一つとして同じ物はありません。

工場の中も拝見させて頂きました。門平さんのお父さんが、中で作業されていました。天然木を扱う職人さん。その木の独特の特性を生かすべく、一枚一枚を丁寧に時間をかけて仕上げていく技。素晴らしいです!!

工場

門平さん

今回は見学会で使用するために、テーブル等をお借りすることになりました。会場の雰囲気にもピッタリ!

見学会場より“カツラのダイニングテーブル”と“クルミのベンチ” (ダイツリー)

2Fの吹き抜けから撮影

大切に使わせて頂きます!まだまだ寒い時期が続きますので、どうぞお身体を大切にお過ごしください。今度は詳しく取材もさせてもらえればと思います。またお邪魔しまーす( ๑ ╹ ◡ ╹ ๑ )

ダイツリーさんのHPはコチラから↓↓
天然木テーブル工房「ダイツリー」

お問い合わせ
このページの先頭へ戻る