木のぬくもりに包まれる家 ~建て方 2日目、3日目~

2018年11月29日

建て方2日目。
今日もお天気に恵まれました。
ありがたいことです。
こうして家づくり携わっておりますと、天気の心配が絶えません。
晴れの日が続くと、お天道様への感謝の気持ちがふつふつと、湧いてきます( ´◡` )۶

さて、2階部分に取り掛かっています。
柱・梁やパネルをクレーン車で運んでもらいますが、それぞれの場所に設置するのは
人の手で行います。重いし慎重さが要求されます(-ω-;)


コチラは梁を設置してます。
ハンマーの音が「カーン!カーン!」と周辺に鳴り響いています。↓

2日目終了。
皆さんの腰や背中は大丈夫でしょうか?
明日に備えてゆっくりと体を癒してくださいね。

3日目。————————————————-

昨日までの疲れは、残っていないのでしょうか(´・ω・`;A)
「残ってねーわけ、ねぇだんべっ!(๑`^´๑)」
と棟梁に怒られそうですが・・・。
だって皆、元気なんだもの。

建て方の最終日は、屋根の部分の作業になります。
日に日に高い所の作業になっていきますね~

↓この写真では丁度、棟木を設置しています。
『棟木(むなぎ・むなき)』
屋根の一番高い位置にある母屋や桁と平行に取りつけられる部材。
屋根を支える重要な部分です。棟木が取り付けられる日というのは、
すなわち家の骨組みが全て完成した日ということになります。

こうして、屋根の骨組みが出来上がると、今度は屋根パネルを設置していきます。

下では、クレーンで運ぶパネルの準備が行われていますね。

ウィーンと、上がっています。

屋根の上に設置します。(大変重たいです)

上がりました~(´□` )

パネルが設置されると、屋根瓦の下地の準備にはいります。

大工さん!スタッフの皆さん!
今日までの3日間、ご苦労様でした。
無事に建て方が終了して、良かったです( ◠ ◡ ◠ )
明日からは、それぞれの現場で頑張ってくださいね♬
 

このページの先頭へ戻る