建築現場紹介

2018年2月のソーラーハウスの室温と湿度

2018年02月22日

201802_temperature1.jpg

今日は、朝のうちいくらか晴れたかな~と思ったら、だんだんと空に厚い雲が

覆ってきました。現在の児玉の外気温は4℃。風が冷たいです。

そして今夜の予報は雪❄これからさらに寒くなりそうですね。

やはり一年のうちで最も寒いのは2月。特に今年はしみじみと感じております。


さて、今回はソーラーハウス(我が家のですが)の室温と湿度の一日の変化を実際に測定してみることにしました。

上の写真は2/15の6時の状態のものです。

そして一緒に写っている温湿度計、弊社のソーラーツアーでお馴染みの岡本先生

(チリウヒーターの会長)一押しの計測器です♪

よくあるデジタル温湿度計は数年でずれ始めるそうですが、こちらは殆ど狂わないそうです。流石ドイツ製!

けっして安くはありませんが、本当の値を知りたい方は「テストー Testo 温湿度計」と検索してみてくださいね。


201802_temperature2.jpg

<家の条件と計測場所>
・総2階建て
・吹き抜けなし
・計測期間中、エアコンは未使用
計測場所:1Fキッチン横

<外の様子>
2/14(水) ☀
最高温度 11℃
最低温度 -2℃
湿度   22%

2/15(木) ☀
最高温度 17℃(この日は小春日和でした)
最低温度 1℃
湿度   16%

一日の変化を見てみると、平均室温は20℃で湿度は36%でした。

湿度についてですが生活している中で、そんなに低いとは感じませんでした。

しかし我が家の温湿度計だと、室温20~21℃、湿度40~50%で確かに湿度は狂っておりました。
(やはり¥1,000はダメですね(_ _|||)ガクッ。我が家こそ購入検討しないと。。。)

因みに、洗濯物は夜干しにしていますので、14日の20時に湿度が41%まで上がっています。

ところが、朝には平均近くまで下がっているんですね。お蔭様で、朝には殆ど乾いているんです。


ソーラーハウスは給湯の方でも活躍してくれます。

真冬のこの時期は、床暖房を優先に使用しますが、それでも貯湯タンクの温度は夕方に33℃まで

上がってくれますので、お風呂に入る時はいくらか温める程度ですんでしまいます。

改めて、こうして数字で表すと分かりやすいですね。

本当に太陽の力には感謝です(o^-^o)♪

ページの先頭へ戻る

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近のブログ記事
2018/06/04
自然素材の家「土台 ~ 建て方 神川町K様邸」
2018/05/29
i-flowerさん 宿泊体感ハウス"ソレイユ"にて撮影
2018/05/28
自然素材の家 ~ 基礎工事中 神川町K邸~
2018/05/24
こだわりの天然木の家 ~加工Start 桐生のY様邸 ~
2018/05/11
天然木の平屋の家 ~パネル作成中 用土のT様邸~
無垢の家に暮らす。おすすめプラン
資料請求