スタッフブログ

癒し&パワースポット♪ ~かみアトリエ風の羽~

2016年07月15日

20160715104103.png

我が家の3歳児、何と地袋の戸に鉛筆でお絵かきをしてくれました(´∩`。)グスン

こりゃあ参ったぁ。消しゴムで消しても、後が残っています。

そこで、会社で由美さんに愚痴ったところ、「和紙の作家さんがいるよ!」と教えてもらったのです。

ということで、今回は美里にお住いの和紙作家さん、田島ご夫妻さんのアトリエへお邪魔することに致しました!

生憎の雨模様でしたが、蔵を改築した工房兼アトリエは何だか不思議な雰囲気。

雨の事も忘れてしまいました。

201607_kaze2.png

私は「和紙ってなんだか、いいなぁ~」惹かれる魅力はなんだろう?と思っていました。

田島さんは工房の中を案内してくださり、原料のこうぞ・みつまた・がんぴについて丁寧に説明してくれ

そして、明治までは和紙と洋紙という使い分けはなかったといことを教えて頂きました。

しかも和紙は木の皮が原料。リサイクルですね。

丈夫で1000年前の書物もまだまだ保存状態がよいとか。

そしてその歴史は中国から伝わり、紙すきの技術は器用な日本独特のものらしいです。

しかし、その紙すきの道具を作る方がほとんどいなくなってしまったそうです。

和紙職人も少ないというのに・・・

洋紙は安くて、一定の品質がありますから扱いやすいです。が、経年劣化が激しくその価値はとても低いです。

和紙は高いくて生産性が低いです。が、丈夫で大変長持ちし個性あふれる表情に、その価値を見出しています。

どちらも、使い方次第です。でも、長い目で見れば・・・大切に扱うと思言えば、和紙はいいですよね~❤

そして、2Fのアトリエへ。

なんだかとーっても落ち着くんです。

ある人によれば、パワースポットになっているとか。

100年の歴史ある蔵を改築しているので、それもあるかもしれません。

とてもいい気が漂っているようでした。
20160715113413.png

本当に真剣に悩みました!私が選んだのは2点。

もっとたくさん欲しいなあと思ったのですが、厳選させて頂きました!

しかも当初の予定とは違い、地袋用ではなくリビングテーブル用になってしまいまいした(´-ω-`;)ゞポリポリ

きっとまた、アイツ(長男)は書くだろう。しかも次(次女1才)も控えているし・・・

ということでそちらは将来的に落ち着いたらにしようと思います。

時間が経つのはあっという間で、田島ご夫妻さん、大変お世話になりました!

また、近いうちに友人や主人と訪れさせて頂きたいと思いますので

宜しくお願い致します\(^ ^)/

20160715151417.png
こんな感じで、飾ってみました。

可愛らしい、ポップな模様がいいです♪

長女は和紙のボコボコに興味深々でーす☆

また次回、お会いできることを

楽しみにしています(^○^)v

ページの先頭へ戻る

2018年3月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近のブログ記事
2018/03/05
第11回こだま芸術文化のつどい
2018/03/01
おひな様❤
2018/02/19
ピザのお勉強に...
2018/01/29
スキーデビュー!
2018/01/16
2018年。通算37回神川町駅伝 と どんど焼き
無垢の家に暮らす。おすすめプラン
資料請求